読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZIG ZAG WALK

おもしろきことは,よきことなり。

【延岡妄想日記】宮崎日向夏ラガー

延岡妄想日記

「こっちこっち」

振り返ると懐かしい顔があった。

「久しぶり。元気してん?」

「うん。ぼちぼちね。俺たち二人で終わり?」

「いや,まだやけど,もうはじまるっぽいで」

 

当たりを見回す。

知っている顔の方が少なかった。

「天気も良くて,よかったなあ」

友人につられ空を見上げる。

春の訪れをすぐそばに感じる,空の青さ。

寒さも,1ヶ月前に比べればずいぶんと和らいできている。

それに,ここはもともと温かい。

博多から羽織ってきたコートも不要だった。

 

「もうどんぐらい立つ?」

「5年?」

「5年かあ。あっという間やねんなあ」

「1年が早いもんね」

「大学4年間は長かった気ぃするけど,社会人になったら・・・あ,わりぃ。ちょっと待っててな」

友人はスマホを取り出し,隅っこの方へと隠れていった。

 

会場に入ると,はじまりの時間までまだあるらしく,周りはざわついていた。

スーツ姿の男性陣。

れいに着飾った若い女性たち。

緊張した面持ちの親族。

走り回るフリフリの子どもたち。

真っ白な空間。

汚れのない真っ赤なじゅうたん。

神々しいステンドグラス。

 

みんな,この日を楽しみにしている。

心から祝福している。



僕は・・・?



禿あがった神父の前に立つ男性の顔を見ていた。

「あいつ,ニヤついてんで」

確かに,緊張しているからなのか,単に幸せなのか口元が緩んでいた。

式の邪魔にならないよう,ほそぼそとした声で会話する。

「変わらないな」

「そうやな。あいつ,いっつも笑ってばっかやったもんな」

白いスーツには収まりそうにない,精悍な体つき。

凛々しさがあふれていて,人懐っこい笑顔。

僕とは正反対だ。

「あいつになら,しょうがないよな」

友人がわざとらしくため息をつく。

意外な言葉に,ドキリとした。

「・・・狙ってた?」

さらに小さい声で尋ねてみる。

「いや,せやなくて。あいつくらいイケてるやつやないと,もったいないと思って」

「だね」

考えずとも即答した。

よかったのかもしれない。知らない人間と一緒になるくらいなら。

 

「新婦ノ入場デス」

カタコトのニホンゴに促され,背後のドアが勢い良く開いた。

会場内に鳴り響く,気高くも厳かな音色とリズム。

自分の位置からは見えなかったが,一呼吸置いてから2人の人物が進んでくる気配がした。

一歩,一歩と進むうちに,徐々に輪郭が見えてきた。

真横に並んだとき,横顔が見えた。

純白のレースの向こうに,ほんのりと浮かぶ顔。

あの頃と変わらない。

いや,もっときれいになった?

僕の視線には気づかず,まっすぐ前へとゆっくりと向かっていく。

 

父親から渡された手を新郎がしっかりと受け取る。

二人で神に向かう後ろ姿は,神聖で,とても手が届きそうになかった。

 

神々しい賛美歌に囲まれて,

聖なる一節とともに神に祈りが捧げられる。

永遠の愛が誓われて,

形となって各々の薬指に留まる。

 

純白のベールが取り払われる。

ぼやっとしていた顔は,今はっきりと見える。

あの頃より,より艶々と,きれいになっていた。

見とれていた場面で,かわされる契り。

神父の声,割れるような拍手,祝福の歌声と音楽。

聴こえているようでいて,全く現実感がなかった。



青空の下,式場から階段が下へと続いていて,その上をじゅうたんが延びていた。挟むようにして大勢の招待客。僕も友人と二人混じって並んでいた。

「きれいやったな」

「そうやね」

「あんげな美人,そんなおらんで」

「そうやね」

「それでいて,ノリいいし元気やもんなあ」

「そうやね」

「お前,聞いてんのか?」

「聞いてるよ」

 

実際は,半分聞き流していた。

「関西なら,もっとおるんやない?モテそうやけど」

「いや,九州の方が美人多いわ。博多で降りたとき全然・・・あ,わりい」

友人は再びスマホを手に取り,列を離れていった。

 

大学を卒業して,5年。

仲が良かった五人も,卒業と同時にバラバラとなった。

僕は福岡へ,友人は関西へと就職した。

一方,新郎と新婦,あともう一人の女友達は地元に残った。

卒業後も夏休みと年末,半年に一回はみんなで集まっていた。

住むところも仕事も違うけれど,

あの頃と同じように,バカをしては笑いあっていた。

半年前に突然,二人から連絡があるまでは。

 

「わりいわりい」

言葉の割には悪びれもせず,友人が列に戻ってきた。

「さっきから,なんなの?」

「あー,そうやなー,彼女・・・みたいなもんやな」

「彼女みたいって?」

「まー,細かいことは気にすんな」

「モテるやつは違うねえ」

「せや,ほんと困るって・・・あっ来たで」

 

式場の扉が開け放たれると,いたるところから歓声があがった。

空へ伸び伸びと飛んでいく,色とりどりの風船達。

降りてくる若き夫婦の上を,順々に祝福の花びらが舞う。

二人は,沿道に並ぶ列席者へ一人ずつ声をかけながらゆっくりと降りてきた。

「よし,今や!」

友人と僕は,掌の花びらを新郎に放り投げた。というより投げつけた。

「痛て!お前ら祝う気ねえだろ!」

ハハハと,周りからも笑い声が舞った。

「二人とも,遠いところありがとう」

「来ないわけないやん」

「まさかと思ってたけど,ほんまおめでとさんやな」

「一番最初で,しかも仲間内ですんません」

「ほんとやね」

「しかも順番ちゃうし」

「それもすんません」

「積もる話は2次会で」

「三次会の間違いちゃう? 今夜は長いで」

「まあ,後でね」

新郎は一段下がり,一段下の参列者と話を始めた。

 

向こう側で話をしていた新婦が,こちらに向き直った。

「今日は,二人ともきてくれてありがとう」

久しぶりに間近でみた笑顔だった。

「おめでとうな。結婚も。お子さんも」

「へへっ。ちょっと順番間違えちゃった」

人によっては際どい友人の言葉にも,新婦はさらりと返した。

「まあ,両親もみんなのこと含めて知っちょったから,そんげ問題なかったかな」

「そんなもんなんや」

「・・・どうしたの?」

「ああ,いや,なんかまたきれいになったな・・・と思って」

新婦の顔に見とれていたので,そのまんま心の声が出てしまった。

「そう? やっぱり幸せになったから?」

「はいはいごちそうさまです」

「ふふ。また,後でね」

 

 

「披露宴の開場は30分後の5時からですので,ご来賓の皆様はこちらでお待ち下さい」

セレモニーを終えた参列者は,それぞれご祝儀を受付に渡したり,久しぶりの再開に話をはずませたりしていた。

「お前,好きやったん?」

向かい合うソファに腰掛けていた友人がぼそっと問いかけてくる。

なんて答えようか,迷っていた。

「ふ~ん。ま,ムリもないけどな。」

天井を見つめたまま,何も答えなかった。

「でも,二人とも。よかったと思うで。似た者同士やったし。うまく釣り合いが取れてるんやろうな」

「・・・そうなんよね」

ふうと息をつく。胸がすこしだけ痛い。

 

甘さも酸っぱさも与えてくれる天真爛漫な彼女には,太陽のような彼が似合うことはわかっている。

僕のように,どちらかといえばおとなしくて,人によっては重そうに見える人間にとって,二人はまぶしかった。

だからこそ,彼女のことも,彼のことも,そして二人のことがうらやましかった。

でも,とっくにわかっていたこと。もうとうに終わったことなのだ。

  

 

「どうぞ」

女性のウエイターが,飲み物を乗せたプレートを持ってきた。

「じゃあ・・・これで」

友人が黄色のグラスを2つ手に取り,1つをよこしてきた。

「まあ,飲もうや」

カン。

心地よい音を合図に,二人ともグラスを傾けた。

 

グラスから,日向夏のフルーティーな薫りが鼻を通り抜けていった。

口に含むと,さっぱりとした爽やかな酸味に溶けていくような気分。

もともとのラガーの酸味と喧嘩せず,邪魔しない。むしろ調和して新しいビールの芽生えを感じさせる。

甘酸っぱい想い出。

 

 

そんな気持ちにさせてくれる宮崎ひでじビール

 

f:id:boubilog:20170304184429j:plain

「うわー,これうまいわ」

友人が大声ではしゃいでいた。

「もう一杯・・・って,またかよ!」

グラスをどんとテーブルに置き,友人はスマホを手に取ってソファを立ちあがり遠くへと出かけていった。

僕は,手に取った空のグラスをぼーっと見つめながら,余韻に浸っていた。

 

「ちょっといい?」

返事する間もなく,友人が座っていた席にどんと人が座った気がした。

顔を上げると,なじみのある黒髪。

「いま来たの?」

「そう。電車が間に合わなくて」

前に垂れ下がった長い髪を,細い右腕でさっと後ろへと流す。

「電車? いまどこ住んでるの?」

「福岡よ。転職したの。言ってなかったっけ?」

「聞いてないよ」

「お姉さん,私も」

そう言って,彼女も黄色のグラスを手に取った。

抑えつつもピンクや緑といった華やかな格好をした女性たちが多い中,彼女は上から下まで漆黒の様相だった。暗闇に浮かぶのは,首元の銀色に輝く月のペンダント。

真っ黒の礼服に包まれた僕と向かい合っていると,他人からはここだけ空間が違って見えるだろう。

ビールを一気に飲み干し,空いたグラスをトンとテーブルに置いた。

「あら。これ美味しい」

「口元に泡がついてるよ」

「いいのよ。どうせまた汚れるんだし」

なんなんだ,その言い草は。

呆れながら彼女を見つめる。

端正な顔立ちに,整った眉ときりっとした眼。傍目から見れば綺麗な部類の方とは思うが,いかんせん口が悪い。

それにスラッとした長い足も無造作に組んでいて,行儀悪い。

新婦とは真逆だ。

「何よ。なんか文句ある?」

「何も」

「何かあるから言ってるんでしょ」

「何もないよ」

「あらあらお二人さん。いつものように仲がよろしいようで」

 

電話が終わったのだろう。友人が帰ってきた。

なぜかニコニコしている。

「仲がいいって・・・女性としてのマナーを指摘してあげただけだよ」

「マナー? どこが」

「まあまあ。せっかく久しぶりに会ったんやし」

座る二人の顔を,交互に見つめてくる。

「そうや。ちょっと質問があるんやけど」

「何?」

「結婚相手に求めるものを3つ,あげてーな」

「なにそれ?」

「いいからいいから」

「私は・・・優しくて,包容力があって,カッコいいことかな」

「僕は・・・一緒にいて楽しくて,笑顔がよくて,自立してることかな」

「では,4つめを言うてみて」

「4つめ?」

「そう。二人同時で言うてな。じゃあ,せーの」

 

『遠慮しないでいられる』

言葉が,一文字も違わず重なった。

彼女と目がまっすぐ合った。

彼女も驚いているようだった。

 

「ほうほう。そうなんやそうなんや」

友人がニヤついている。

「何なのこれ?」

彼女が問いかける。

「知りたい?」

二人で頷く。

 

 

「恋人に本当に一番求めるもの」

友人は振り返って去っていく。

顔を彼女の方へと向ける。

 

いつも,そういつも澄ましていて決して崩さない表情が,斜めになり,ほんのり赤くなっていた気がした。

ドクン。

久しぶりに聞いた,心臓の音。

 

 

「会場の準備ができました。皆様どうぞお入りください」

延岡の熱く長い夜が,今はじまる。

 

<終>

【延岡妄想日記】スタウト

延岡妄想日記

とくとくとグラスに注ぎこむ液体を眺める。ビールと聞いて思い浮かべる色としては似つかわしくないけれど,それ相応の色をしていた。

 

ひとくち飲みこんでみると,燻られた香ばしい香り。

 

月のダークラガーも同じような味わいだが,ラガーに比べずっしり・ねっとりと重くのしかかるのがスタウトビール(と思っている。)。

 

コーヒーをブラックで飲んでいるようでいて,後味に黒糖の甘さがすっとくる。最後は若干の苦味。

今でこそ黒ビールを楽しめるようになったが,若い時はこの重さ,大人の味になかなか慣れなかった。

 

今でも,コーヒーはブラックでは飲まない。

私のことを知っている人は,打ち合わせのとき確認しなくともミルクと砂糖を添えてくれる。

基本的に,甘党なのだ。



十数年前。

職場の給湯室をのぞくと,あさっての方向を見ながら,小さめの可愛らしいカップにブラックコーヒーを飲んでいる人がいた。

 

仕事上の最初の先輩である。

大学を卒業してすぐの私にとって,リーゼントにダブルのスーツを着こなしタバコを悠々と吸う隣の席の先輩の姿は,同じ職業人として衝撃だった。

外見のとおり,怒鳴り散らす人や,しつこいクレーマー,いかつい格好の方々に対しても,全く動じず,淡々と対応していた。

 

一方,面倒見がいいのか,普段から若手の僕達をかわいがってくれていたし,よく中洲に誘ってくれた。

中洲といえば,色欲あふれる街であり,金曜の真夜中に外を歩けば泥酔客かタクシーにしかぶつからないといった光景だった。

僕達もその環境にどっぷりとつかり,タクシーに放り込まれて帰されるまで飲みまくる生活を送っていたのだが,先輩は全く飲まなかった。

というよりも体質で飲めなかった。

代わりにコーヒーをブラックで飲みながらタバコに火を灯し,アホなことばっかり喋って騒いでいる僕達を,目を細くしながら笑って見守ってくれていた。

 

そんな先輩を見て,これが「大人」なんだなあと,なんとなく感じていた。

 

あれから,十数年。

年齢を重ね,仕事を積み,家庭を持つことで,少しずつだが「大人」の階段を登っていると思いたくもなるが,実際のところはどうだろう。

まだ,先輩の歳には追いつけていないが,追い越す時には先輩のような「大人」になれているだろうか。

 

いや,追い越すことなんてもうできない。

先輩はまさかという年齢で遠くへと旅立ってしまった。



今の職場でミルクが切れていたりすると,しょうがないのでブラックでコーヒーを飲むことがある。

すすっと喉元に流しこんでみるもののやっぱり苦く,好んで飲もうとは思わない。

一方で,時間外に出てくる冷えたスタウトビールは,日中の,一週間の疲れをズドンと吹き飛ばしてくれる飲み物となった。



空になったグラスにもう一度注ぎこむ。

注がれた液体は,あの日給湯室で見たコーヒーの色そっくりのようだ。

懐かしさがあふれては,苦味に溶けていった。

 

そんな気持ちにさせてくれる宮崎ひでじビール

f:id:boubilog:20170225182420j:plain

【延岡妄想日記】万感〜熊本YELL〜

延岡妄想日記

これまで,飲んだ時に広がるインスピレーションをありのままに書いてきたのだけれど,これは違った。

 

書けないのか。

 

いや,違う。

 

書きたくないのか。

 

それも,違う。

 

書く必要がない。



「万感」

 

熊本を通るたび,復興の道のりは遠いと感じてしまう。

 

そこで暮らす人々の思いを,ひとつぶ一粒すくってみれば,どんなものか。

 

強いシャープな喉越しに続く柔らかな酸味と,残る苦味。

 

細々な泡の中に混じって浮かんでくるのは晩柑(ばんかん)の粒たち。



ビールの味わいを,過不足なく正確無比に表現する名前。

 

ネーミングセンスに,驚きを通り越して嫉妬すら覚える。

 

そんな個人の感情は放っておいて,このビールの願う思いを,多くの人に感じてほしい。

 

そんな気持ちにさせてくれる宮崎ひでじビール

f:id:boubilog:20170218192738j:plain

【延岡妄想日記】月のダークラガー

延岡妄想日記

「ポツカリ月が出ましたら、

 舟を浮べて出掛けませう。

 波はヒタヒタ打つでせう、

 風も少しはあるでせう。 」

 

リズミカルなフレーズに情景が次から次へと浮かんでくる,中原中也の「湖上」である。



「君を見つけたんだ ストロボライトの中

 現れ 消える 一瞬のフラッシュバック

 君を見つけたんだ むせかえるスモークの中

 現れ 消える 一瞬のスターダスト    」

 

そして,テクノユニット「ゲッカンプロボーラー」の「流星ダンサー」の一節である。

 

三浦しをんの「舟を編む」で,主人公の馬締が一目惚れしてしまうヒロインの香具矢との出会いも,満月の夜である。

 

記憶を紐解いてみれば,真夜中のドライブの途中,海岸沿いの公園に車を止めて,海へと続く階段を二人登って降りれば,静かに波寄せる浜辺と遠くに見える火力発電所の赤色ネオンの上に,ひっそりと満月があったり。

 

学生時代に想いを寄せていた先輩に,しばらくたってから会いに行って,観光地を案内してもらいひとめぐりしたあとの最後に,眺める高台から見下ろすきらびやかな夜景の上にも,こっそりと三日月があったり。

 

暗闇を月が照らす,光と影の,音のない幻想的な夜。

月夜というと,こんな情景を想像してしまう。

 

だから,うっとりとする甘美な舌触りを想像していたのだけれども,全然違った。

 

ローストされた香ばしい苦味満開,麦芽満開の黒。

黒ビールが好きな私にはたまらないが,持っていた月のイメージとは程遠い。

そう思いながらグラスについでは飲み,ついでは飲みしていたのだが,ある時から苦味のあと,すっとしたのどごしのあとに,引き際にちょびっとした甘さがやってきたのだ。

 

月夜の詩は他にもあった。

 

「月が昇る頃にはたどり着くだろう

 baby blue 辛辣な夜の痛みなき出口に」

 

メンバーが入れ替わっては戻りしていたZIGGYの「月が昇る頃には」。

 

「MOONLIGHT ぼくらにまちがいがなく

 MOONLIGHT 涙が 嘘つきじゃなく  」

 

もう生の声で聴くことができなくなってしまった氷室京介の「MOON」。

 

苦難続きで前も見えない人生であったり,

後悔だけが残る悲しい思い出であったり,

すべての不幸を自分が背負い込んだ気になってしまいたくなるような夜でも,

自分以外に誰ひとりとして助けてくれる者はいないと思い込んだ夜でも,

空を見上げれば,道標として,希望として,

月だけは見守ってくれているのだ。

 

そんな気持ちにさせてくれる宮崎ひでじビール

f:id:boubilog:20170212174948j:plain

【延岡妄想日記】太陽のラガー

延岡妄想日記

はじめて名前を聞いた時は,灼熱の暑さを想像していたんだ。

 

確か,8月だったか。

僕は1人小高い丘陵を登っていたんだ。

 

見下ろすと,深々と遠く青々とした海が広がり,

見上げると,淡く吸い込まれてしまいそうな青々とした空が広がっていたんだ。

 

ふもとの芝生には異国にあるモニュメントを真似た像が何体な並んで立っていて,

米粒のような多くの観光客を退屈そうに迎えていたんだ。

 

休まずに登ったからか,それとも単に暑かったからか,

額から肩からお腹から,体中から汗が滝のように流れていた。

真夏のまぶしい太陽を遮るものはなにもなく,海風がほんの少し気休めに吹いていた。

 

さすが南国。

 

そんな体験があったから,サウナから出てきたときとか,エアコンの効いていない西日の差す部屋での残業が終わったときとか,うだるような暑さから逃れるときに口に入れて,シュワシュワシュワ・・・・・・スカー! とするようなもんだと思っていたんだ。

 

だけど,のどごしが,喉を通ったあとにくる感触が,「暑さ」を喚起するんじゃなくて,もっと柔らかく受け入れてくれて,包み込んでくれる・・・・・・。

「暖かさ」なんだ。



さんさんと降り注ぐ光を浴びた木々は一面に生い茂り,その実はみずみずしく甘さと香りを蓄えていく。

 

涼しい木陰で寝そべっていると,頭上で葉っぱが揺れ動いて,晴天の空にぽっかりと浮かぶ雲が1つや2つ流れていった。

 

途端,暗くなったかと思うと,茶色の小瓶が1つ目の前に現れた。

手を伸ばすと,ひょいっと飛んでいってしまった。

ちょこんと右隣に腰掛けて,瓶を傾けては呑み,また傾けては呑んでいる。

 

手を伸ばしたまま指をくねくねしていると,見かねたのか,まだひんやりとした瓶が手のひらの中に転がってきた。

たっぷりとあったはずの瓶の中身は,ほとんどなくなってしまっている。

一満足した彼女も隣で横になった。

目を閉じると,木々の音に隠れて,遠く空を行く飛行機の音。

瓶を大きく傾ければ,わずかに初夏の香り

 

「太陽」は,恵みなんだ。

そんな気持ちにさせてくれる宮崎ひでじビール

f:id:boubilog:20170204184937j:plain

【延岡妄想日記】森閑のペールエール

延岡妄想日記

空を見上げる。

緑の直線が一転に収束する方に,うっすらと明かりが見える。

空気はしっとりと冷たい。が,寒くなくどちらかといえば爽やかで新鮮だ。

木立の香りが立ち込める薄暗い木々の細い間を,一歩一歩進む。

ミシミシと鳴る碧色に溶け込みそうな枯葉が,踏みつける足を優しく包み込む。

右を見ても左を見ても,振り返っても,緑という緑。

葉なのか苔なのか幹なのか,もはやわからない。

小鳥や虫の澄み切ったつぶやきが,私の周りを反射してこだましては消えていく。

 

しばらく歩くと,少し開けたところに竹でできた椅子が2つ,向かい合うようにして置いてあった。

向かって左の椅子に腰掛けてみる。ぐぐっと沈み込み,ぐいぐいと前後に揺れる。

体の重心を変えながら揺らしていると,少しずつまぶたが重くなってきた。

脳裏に澄んだ空気とせせらぐ水の音が流れていく。

細まっていく瞳の向こうに,ぼんやりとした人の姿が揺れ浮かんできた。

姿が大きくなるにつれて,近づいてくる森の匂い。

揺れる濡れた髪に記憶が刺激されるが,果たして誰だったか。

思い出そうとしていたけれど,木々の甘みと苦みがくちびるに触れ喉をゆっくりと撫でていくと,どうでもよくなった。

離れた彼女の輪郭は徐々にはっきりとしてきたけれど,どうでもよくなった。

 

至福のとき。

そんな気分にさせてくれる宮崎ひでじビール

f:id:boubilog:20170130233611j:plain

【延岡妄想日記】花のホワイトヴァイス

延岡妄想日記

L’Arc~en~Ciel の「flower」を思い出した。

 

穏やかな昼下がり。

まだ眠い。

白い壁に空いた窓枠。

流れる風にカーテンがゆらゆらとゆれていて,ときおり外の暖かさを受け入れてくれる。

一緒に流れ込んでくるのは,ほのかに匂う優しい香り。

湧いてくるのはエレガントさではなく,柔らかで清々しい,さわやかなイメージ。

ベッドから起きあがった窓の外は,青空の下に純白の花が一面に咲き,太陽の日差しを浴びている。

その中にたたずむ人影。

花々に溶け込んでいきそうな白色のワンピースから伸びる手は,翔んでいかないように頭の麦わら帽子を押さえている。

こちらを向いているのか,あちらを向いているのか。

その目線は見えない。

 

彼女は今どこで何をしているだろう。

 

そんな気分にさせてくれる宮崎ひでじビール

f:id:boubilog:20170308232555j:plain