読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZIG ZAG WALK

おもしろきことは,よきことなり。

行動分析学

実践行動分析学「朝の準備」(5/5)

結局,朝の準備は,準備自体を競い合うことが子どもの遊びとなって解決した。 あることで着替えをさらに好子化することができた。 朝のテレビ戦隊もので「特急ジャー」というものがある。そのヒーローたちは,トッキュウ1号,トッキュウ2号・・・と呼ぶそ…

実践行動分析学「朝の準備」(4/5)

他に方法がないか考えてみたところ,偶然にも良い方法を発見した。 テレビを消して数日後,二人で着替えていたところ,ふと,私と子どもとどっちが早く着替え終わるか競争してみようと思いついた。 「どっちが早く着替え終わるか競争だ。よーい,スタート」…

実践行動分析学「朝の準備」(3/5)

まず考えたのは,以前「あと5分」をなくすために「先に」歯磨きをすることが効果的だったため,テレビを消して朝食をとるということである。朝食後に「トイレと着替えが終わったらテレビが見えるよ」と言えばよい。 早速試すことにした。起床後の居間はこれ…

実践行動分析学「朝の準備」(2/5)

「朝の準備」において,なかなかトイレや着替えを行うことができない理由は何だろうか。 我が家では朝起きたらTVをつけ,いつもZIP!を見ている。子どもは,犬が登場する「わくわくキャラバン」と,番組最後の方の「あみだくじ」が好きなようだ。 【直前】 →…

実践行動分析学「朝の準備」(1/5)

我が家での行動分析学の適用事例について,他にも試した事例があるので書いてみることにする。 毎朝子どもを保育園に送ることが私の日課だが,午前8時前には出発しないと仕事に間に合わないため,7時過ぎには子供を起こし,朝ご飯を食べさせ,トイレに行か…

実践行動分析学「あと5分」(7/7)

10/11を最後に測定は止めてしまったが,その後も「あと5分」は登場していない。 最近は,私が呼びかけなくても入浴後すぐに歯磨きするということが「ルール」として染みついたのか,歯磨きしてから遊ぼうと,子どもの方から言ってくる。 結果から言えば,「…

実践行動分析学「あと5分」(6/7)

前回の介入は失敗し,再度考えをめぐらせていたところ,着目する点を少し変えることにした。 今まで「あと5分」と言う行動をどうすべきかを考えていたが,視点を変え「歯磨きをする」という行動をどうすべきかを考えることにした。 【直前】 → 【行動】 → …

実践行動分析学「あと5分」(5/7)

解決策は,5分前に「あと5分したら歯磨きする」というものである。 「歯磨きするよ」という呼びかけに対し,遊べなくなるため「あと5分」と言うのであれば,「あと5分したら歯磨きする」と言えば,呼びかけた際に遊べなくなるわけではない。したがって,…

実践行動分析学「あと5分」(4/7)

子どもが遊びを継続するために繰り返す「あと5分」をやめさせるにはどうしたらよいか。 行動分析学において行動を減らしたり増やしたりするための解決策を「介入」というが,介入として有効でありそうなのは「消去」である。「消去」は「行動を強化(頻度を…

実践行動分析学「あと5分」(3/7)

「あと5分」という言葉が,なぜ出てくるのか。 理由としては「まだ遊びたいから」だと思うが,「まだ遊びたいから」を実現するために,「あと5分」という必要がなぜあるのか。そして,その口癖をなくすためにはどうすればよいか。 行動は「その行動の「直…

実践行動分析学「あと5分」(2/7)

実践してたのは,子どもの「あと5分」という口癖についてである。 息子の遊びをやめさせようとすると,必ず「あと5分」と言って,なかなかやめてくれない。 時間に余裕があるときはいいが,時間が限られていたりすると困る。 特に,就寝前の歯磨きが問題で…

実践行動分析学「あと5分」(1/7)

多くの本を読む中で,久しぶりにこれは!っと思い,立て続けに関連書籍を読み漁ったものがある。「行動分析学」に関する本である。 学問としてはもうだいぶ前からあるようだが,これまでその存在を知らなかった。 行動分析学の肝を簡潔にいうと,「行動はそ…