ZIG ZAG WALK

おもしろきことは,よきことなり。

読書する理由と実際

よく読んでいるブログで以下のようなお話があった。

成長とか成功とか気にせずに、読みたい本を好きに読めばいいのでは。

私は,

・通勤時間中ぼーっとするのはもったいないなぁ。

・仕事と育児(少し)しかしていないなぁ。ほかに何かやることないかな。

・仕事関係の本は読むけど,ほかは漫画すら読んでいないなあ。

ということから,ここ一年ほど通勤時間中に新書を中心に読書をするようになった。上記のほかにも,現状実際に困っていることがあって本屋に寄った時にヒントになりそうなものがあったので,読んでいるうちに新書全般に行ってしまった感じ。

 

それで実感したのは,読んだからといって習得したことにはならない,ということ。

1回読んでも頭に入らず2回読んだものもありましたが,すぐに内容を忘れてしまう。

なので,気になるところにふせんを貼り,あとでまとめることによりアウトプットすることで記憶の定着を図ってみたりした。が,それでも忘れてしまう。

そこで最近は,持ち歩くタブレットの壁紙の一部に書いた内容を表示するようにして,暇なときに見るようにしていることと,いくつもやるのは無理だから1週間だけ1つの書いてあることをやるようにしている。そうするとややマシになった気がする。

 

面倒のように見えるが,今でも続いているのは,やはり読むこと自体が楽しいし興味があることだからだろう。そして実践することで幾何かだが現状を改善できているからだと思う。

また,ランダムに読んでいるためか,自分にとって合わないものとも出会う。合わないものに合わせようとしても苦痛なだけなので,自分には無理だがこんな考えもあるのだと思ったり,自分流にカスタマイズしたりする。あと,新書に限らずいろんなものを読むようにしている。いろんな発見がある。このブログのサブタイトルも,森見登美彦の有頂天家族に出てくる一節から。

 

最近の悩みは,本棚が一杯になりそうであること。そのため,どうしてももう読まないと思われる本はブックオフ行にならざるを得ない。電子書籍に手を出そうと思っているこの頃。